読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エッセンスがクーポン知らずの格安価格 |

本来であれば1/5位のページ数に圧縮出来るのでしょうが!マドロッコシイと言う印象です。在庫管理は病院ではABC分析を行うのですが、何も書かれていないので、各社各様なのか?巻末に、疾患別のポピュラーなOTC商品名と主成分表を付けて頂けると嬉しかったのですが…。事例で学ぶ!適正な製品(商品)選択のヒントは為にはなります。

こちらです!

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

エッセンスOTC医薬品販売のエッセンス第2版 [ 米山博史 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

選択ヒントは少ないかな。また、病院の薬局では、全メーカーの類似品の中から主導的にA医薬品を採用と決定出来るので、A医薬品の薬効はB・Cで、患者様に確認・お伝えするのはD・E事項と言う覚え方をしていましたが、ドラッグストアでは、採用出来るメーカーに制限がある為に、就職先が決まるまでは同様の覚え方は出来ないのですね。病院とは異なる形態の接客・相談シミュレーションは参考になりました。とてもわかりやすく勉強になります。その他として、良く受ける質問事項例を多数記載して欲しかった…。これからももっと読み込んで助けてもらおうと思います。。なので初心者でもよく理解できそうな一冊を探しておりましたがこの本はそんな私には打ってつけのものでした。登録販売者初心者としては、いちばんつらい症状から選択していく流れ図で最終的に薦める製品(商品)の記載がもっとほしいかな…と感じました。。新しい職場につくにあたって!この本で一生懸命勉強したいと思います。お客様との会話の参考にもなってありがたいです。数ケ月後に定年の為に転職予定の病院薬剤師ですが、国は医療費抑制の為、OTC薬推進を検討しており、良くも悪くも米国の後追いをしているので、セルフメディケーション・OTC薬がキーポイントと考えてドラッグストアへの転職を考えており、購入しました。(添付文書改訂を待っていては後手を踏む)患者様に最適な医薬品を選択する為の選択フローの大部分が言葉で書かれています(一部はチャート式)が、全てチャート式だと実業務にそのまま使えるのに…と思いました。登録販売者になりだいぶ時間が経ったものの!前の職場では薬を売るスキルを積めずにいて焦っていたところ!このような素晴らしい本に出会いました。登録販売者として一歩を踏み出す方にお薦めです。本を読んで多少の知識は吸収出来ましたが、本に書いてない事もあると思うので、遠巻きに店廻りをして知識補完をした方が良い?昨年登録販売者となりドラッグストアで従事していますが日常の業務のなかでは医薬品販売の細かいノウハウを学ぶのには限りがあります。とは言え、相談を受ける上での基礎は最新知識なので、ドラッグストア勤務であっても薬剤師の生涯研修制度を利用して知識を蓄え、認定薬剤師になった方が良さそうですね。病院では処方箋に患者年齢が書いてあるし、処方薬を見ただけで症状が推測出来ますが、ドラッグストアでは、頻回来店している人以外は情報がないので、アプローチが違いますよね。登録販売士の資格を取得したため!その後の仕事に生かすため購入しました。