ノバク・ジョコビッチの「買い替え」ならこのお店~!ジョコビッチ

人からは「ダイエットまだ続けてるの?」などと言われますが!グルテンフリーはダイエットではなく食生活のスタイルですので終わりは無いのです。グルテン不耐症は稀有な例としても!一見人並み外れたテニストップツアー選手でも!最後のひと踏ん張りのスタミナ切れなどの原因追究をすればさらなる新境地が待っていること!ストレッチ方法など詳しく書いてあります。良かったです。

コレです!

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

ジョコビッチ ノバク・ジョコビッチジョコビッチの生まれ変わる食事 [ ノバク・ジョコビッチ ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

食事のとり方、メンタルの面でも「なるほど!」の連続です。そのあとすぐに自分で購入しました。食事を変える!何を食べるか!はもちろんのこと!いつ!どうやって食べるかそこにこだわるアスリートのストイックさが垣間見ることができます。本書を読むと、セルビアという国からテニス界のトップに上りつめるという事がいかにものすごい事なのかが分かります。 これだけの変化ですが!甘いものを食べることを少しでも減らしたかった私は満足しています。パンや麺類が大好きで毎日食べていたのですが!この本を読んでかなり減らしました。小麦ゼロはまだまだ無理だけど!食事を見直すきっかけになってよかったです。でも!厳格には難しいですけれどね。 おさまっていた湿疹もまたではじめたので、 もう二度と「小麦粉がメインで作られたものは食べたくない」と思いました。一般人はそこまで徹底する必要はありませんが知識として持っていていいと思います。視点でした。グルテンフリーと言っても食べるものはいろいろあります。ナダルファンです(笑)。今は、毎日食べています。14日間経過後も何の変化もありませんでしたが、以降ずっとグルテンフリー生活が当たり前になってしまいました。あのジョコビッチが強くなった理由が食事療法だとは聞いていたのですが!その正体まではこの本を読むまで知りませんでした。ジョコビッチの一日の食事メニューが具体的に書かれています。小麦に対する耐性(グルテン不耐症)というピンチをチャンスに変え世界ナンバーワンに登りつめたノバク・ジョコビッチ選手の自伝的著書です。初めは知人に借りて読みました。うめぼしが大好きになりました。あとは!入手できるか!の問題も。私は元々アレルギー体質ではありましたが、食物に対するアレルギーはありません。確かに、食事の量が減ってきているのを家族からも驚かれています。グリテンフリーをやっているのかな。最近パン食だったけど、ご飯食にしようと思いました。最近はグルテンフリーのパスタや米粉なども手に入り易い時代になりつつありますし!日本人は本来!小麦よりも米食が中心だった国民ですから!西洋人に比べてグルテンフリーを実行し易いと思います。この本の内容の一部しか実践出来ていませんし、他に意識していることはありますが、身体が変わったのを実感しています。それくらい大きな衝撃がありました。ただ単に小麦粉を食べないだけで体質が変わるなどとは思ってもおりませんでした。知人が私に勧めてくれたように、私も誰かに勧めたい一冊です。(スポーツは全くしてません)小麦粉を取らないというのは現代では結構大変なので万人にはお勧めしませんが!我が家ではお菓子を食べなくなったり!不必要な間食が無くなったりといいことづくめです。関係者が執筆した「まえがき」「あとがき」などには!ジョコビッチ本人が書いていない事も書かれているため!そこもきっちり読むのがオススメです。ただ、ジョコビッチ個人も認めている通り、彼の食事はまだ発展途上にあるようで、確かにほんの一部ですが、本書でジョコビッチが書いている食べ物についての認識には、私から見ると間違ってると思える点が少しだけあるように見えました。読んでから半年経って『生まれ変わる食事』を実感しました。グルテンフリーにはなろうと思いませんが!体に優しい食べ物を摂るように夫や家族も気づいたようです。我が家でも早速私と家内で初めて現在半年を過ぎましたが、私は82kgまであった体重が(身長は176cm)今は75kgです。今度どういう効果が出てくるか楽しみです。最近 にしこりくんも体が締まってきた気がします。まずは私が読み!夫が読みました。勉強になる本です。。書いてある通りではないですが、できる範囲で実行してみました。(キャノーラ油を食用に良い油だと勧めている点なども含め…)どちらにしても、読んで損は無いと思います。ジョコビッチのファンで購入しました。私自身は小麦不耐性ではないですが、徹底的な品種改良を繰り返され、しかも遺伝子組み換えまで加わったものが多いため「今の時代の小麦」は本来の小麦とは別物であることや、血糖値を異常に急激で上昇させる性質、脳に炎症を引き起こす性質などから、小麦は一般人にもあまりススメる事のできる代物ではないようです。読んでみて!納得することがたくさんありました。さすが一流と思いました。早速ストレッチポールを導入したところ、長年悩まされた腰痛の原因が太腿にあったことが判明!毎日ジョギングしても疲れを取ることができて、ハッピーです。 口にすると結構長い時間!軽い吐き気と腹痛に襲われるのです。何を食べたらよいのか!この本のおかげでわかった気がします。結果は、味覚が変わりました。この本以外にもとても参考になった本はありますが、健康・食事に関する意識を高めるきっかけを与えてもらった貴重な存在です。この本には具体的に「口にしない方がよいもの、そうでないもの」が書かれていますので、実行しやすいと思います。以前は食べられないことはなかったのですが、すすんで食べる方ではありませんでした。でもジョコビッチの強さの秘密を知りたくて読んでみました。もちろん!自分の身体の為に何を口にするのか…しないのか…家族の為の食事はどのように作ればよいのか…色々と深く考えさせられました。食べたくなくなったものは・・・1.小麦粉メインでできたもの(麺やパン類) 焼きそばを食べた夜!腹痛が起こり凄くつらかったです。 2.あめも食べられなくなりました。まだ!効果のほどは定かではありませんが!グルテンフリーを初めています。迷っていた時に、たまたま目にしたこの本。単に食事としての興味で手に入れましたが!ジョコビッチ選手のファンになりました。ジョコビッチが幼いテニス少年から今に至るまでの経緯も含まれており、興味深いです。と思ってしまいました。本書を読み終え!私も出来るところから少しずつグルテンフリー化して行きたいと思えるようになりました。。